マーブル日記

marbling.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Football( 27 )


2011年 01月 26日

運命の日韓戦

論文の最終審査が終わり最後の訂正をしていますマーブルです
審査の先生の自己満のためにあまり関係のない分野の勉強にストレスのたまる日常の中
やってくれました。日本代表!!!

本当は延長戦で決め切れていればよかったのですが勝ってくれたので良かったです。

最近5年間は韓国に勝利していない日本代表
こういう真剣勝負ともなるとフランスW杯予選までさかのぼるぐらい久々でした。

前半
日本はこれまでのアジアカップの中では1番いい立ち上がり
韓国は中2日の試合で体が重そうでした

今野のPKはあれは中東の笛
通常はありえない(キ・ソンヨンのパフォーマンスもいかがなものか)
これを決めてから韓国の動きが少しずつ良くなってきた所に
本田が3人をひきつけているところで長友にスルーパス
マイナス気味のセンタリングを前田がズドン

この得点パターンはかなりいい流れでした
その後もいい流れでここでもう1点取れない所が日本の課題かな
特に前田ドフリーをはずしたのは痛かった

後半
韓国がロングボールにて徐々にリズムを取り戻してくる
日本は体力も落ちてきたのか全体的に足が止まり始める
この試合は香川が全体的にゲームから消えていて細貝と交代
そのまま韓国ペースで延長戦突入

延長戦
この時間帯で岡崎、本田、長友の運動量は本当に半端なかった
岡崎の突進でPKをいただく(これも中東の笛、ペナルティーエリアの外だし)
これを本田が予想通りはずし、細貝が詰めていて1点勝ち越しに

ここからが良くなかった
ザックはDF枚数入れて逃げきろうとしたけど
敵陣でボールキープできず最後の最後で同点に
最悪の精神状態の所でPKへ突入
これはザックの采配ミスだと自分は思う。

追いついた韓国もさすが。
パク・チソンを筆頭にヨーロッパで活躍している選手は1対1は抜いてくるもんな
日本も参考にしてほしい

PK戦は川島が神となり3-0とあんまりみないスコアで勝利!!
次戦はオージー。ドイツのリベンジなるか。楽しみです。



[PR]

by marblek | 2011-01-26 12:08 | Football
2010年 10月 08日

VS アルゼンチン戦

沖縄レポ中ですが、今日はあまりにも歴史的な勝利に興奮してしまったマーブルです。

日本サッカー史上アルゼンチン戦初勝利です!!

初めはザックの初陣にアルゼンチン戦は厳しいのでは??
それも次戦は韓国戦だし、いきなり結果を求められるなと思ってました。

今回迎えるアルゼンチン代表は今までの中でもベストメンバーではないだろうか。
選手も緊張したんだろうな的な前半開始直後はドタバタしてボールが全然落ち着かなかったけど
だんだんチャンスが作れるようになったところで長谷部のミドルのこぼれ球を岡崎がズドン。
けっこう難しいシュートだったと思ったけど、詰めていたことはいいことです。
まぁ、アルゼンチンDF陣は一歩も動いてなかったですけど。

その後は
川島の好セーブは見慣れてきた感あり。それに相当安定感でてきた。
長友の足の速さ、スタミナともに半端ない。イグアインが鈍足に見えた。
香川、本田のコンビも良かったけど、たまにボール持ちすぎ感あり。
森本も動きは良かったけど、もうカターニャをでなさい。
今回は前田がゴールこそなかったけど、柔らかいボールタッチを生かしたドリブルで今までのウップンを晴らすかのように躍動してました。

1-0で勝てたことはすごいこと。今後ないかもしれない。
まだまだ、岡田遺産の影がチラホラありますがもっとこれからザック色がでてくるのを祈ります。
それにしても、もう少し試せるCDFを選んでもよかったのかもね。

次回は韓国戦。楽しみです。

[PR]

by marblek | 2010-10-08 22:34 | Football
2010年 08月 31日

ザッケローニ監督就任決定!

昨日はメープル、プリンスが実家に帰っておりましたので久しぶりに1人生活を満喫したマーブルです。
・・・といってもずっとTVみてただけなんですけど、なんか1軒家で1人はとても寂しかったです。

昨日は、もうマスコミにやられっぱなしの1日でした。
あるマスコミがペケルマン決定と報道すれば、もうひとつの所はザッケローニ決定と報道。
結局はザッケローニだったけど、嘘の情報流した所は謝罪もなし。
開き直って、ザッケローニの記事載せてるし。
けっこういつも見てた所なのにな~ ニ〇カンさん。

自分としては、どちらかって言われたらペケルマンが良かった。
ザッケローニは確かに有名ではあるが、スクデット獲得したのは10年前。
最近は、確かに臨時で色んな所を監督しているが、うまくいっていないのが現状。
だから、最近は落ち目って言ってもいいぐらい。
原さんが今まで、リストアップしてきた人とはちょっと路線がずれてる感があるので
本当に原さんが選んだのかは疑問。
またサッカー協会独自路線で決めてなければいいけど…

スペインを目指すんじゃなかったっけ?
大丈夫か、ザックジャパンは・・・。

でも、オシム監督就任時のような楽しみ感はないけど、日本にゆかりのない監督がどんな選手を選ぶのか。
たぶん10月の親善試合はサプライズ召集あるかも。


[PR]

by marblek | 2010-08-31 10:39 | Football
2010年 06月 30日

日本 VS パラグアイ戦

見事にPK戦だけ見れなかったマーブルです。
緊張するから見なかったじゃなくて、仕事で見れませんでした。
意地になって見たスペイン VS ポルトガル戦見終わって今完徹中です。

今回ベスト8には手が届かなかったですけれどよくやったと思います。
自分も含め、試合前は散々な評価だった状態からここまでやるとは思ってもいませんでした。

カメルーン戦は勝ち点重視で誉められた内容ではなく・・・
オランダ戦は、少しデフェンシブな状態でも世界のトップと張り合えると確信し・・・
デンマーク戦は新たな日本の新しく目指すサッカーを開拓できた感じがして・・・

でもやっぱりパラグアイ戦は相手が1枚も2枚も上手でした。
セカンドボールを拾ったり、つなぐ所はつなぐとかが日本はまだまだだと思います。
まだ基本的なトラップ、パスがあたふたとする場面が随所にあったり・・・
フィニッシュの精度は問題外です。
本田並みにキープのできるFWとして森本を推してたんですが・・・
こういうのは次のブラジルW杯への課題ですかね。
最後のPKは、誰の責任でもないし、運なのでここでは何も言いません。

これで、トゥーリオ、中澤、遠藤、FW陣は世代交代になるはず。
プラチナ世代も出てくるだろうし、あとは今の長友とか内田とか香川とかも世界で鍛えられて帰ってきてほしいと思います。
新しい監督も自分としてはビエルサ監督に来て欲しいですがこれからの新しい日本代表も楽しみです。

でも、これからのベスト8の対決も寝不足が心配です。

[PR]

by marblek | 2010-06-30 08:00 | Football
2010年 06月 25日

歴史的な勝利!! VS デンマーク戦

プリンスが歩いて追ってくる姿にメロメロのマーブルです。

いや~ やりました日本代表!! 今日は嬉しい寝不足です。

前半

日本は今までの2戦とは違うやや攻撃的な布陣。
前半初めのデンマークのパス回し、トマソンのやらしいポジショニングに苦しむと前のフォーメーションに戻し・・・
デフェンシブになるかな~と思っていたら比較的日本もチャンスを作れていました。
その後の、本田のFK。
見事な無回転シュートで、GKは見事にボールに踊らされてました。
これで本田の市場価格も高騰でしょう。CSKAモスクワからビッグクラブにいけるか期待です。

その後だいぶ気分が落ち着いたのか、今まで見られなかった日本らしいポンポンつなぐパス回しが出てきて、
2点目の鳥肌もんの遠藤のFKです。
デンマークのGKは完全に本田が蹴るようなポジショニングでしたが・・・
あれは日本人なら蹴るの遠藤でしょ?? って思ってたはず。
見事に弧を描いたFKが決まって2点差に。

後半

後半はデンマークのパワープレイの連続でも日本DF陣は落ち着いて対処してました。
デンマークがパス回しで来てた方が脅威だったような気もします。
与えたPKは、ミスジャッジだったとして・・・
日本の前戦は攻め続けていたのが素晴らしい。
後半は特にデンマークDF陣を振り切るシーンがたくさんありました。
そこで、本田のアシストからの岡崎のごっつぁんゴール。
内容も完璧です。

なんか、1試合ごとに選手たちは成長しているような気がします。
デフェンシブなだけで、攻めはいまいちと言われていたのを覆すこれが日本の新しいサッカーの形なんでしょうかね。
次は、パラグアイ戦。楽しみだけど、火曜日仕事が入ってるんです・・・

[PR]

by marblek | 2010-06-25 12:41 | Football
2010年 06月 20日

日本の永遠の課題 オランダ戦


オランダ戦はマスコミがこぞって善戦と言っている所が日本代表が成長しない所だと思うマーブルです。

日本は前半は思い通りの守備ができていたと思います。
ただ、オランダも無理して攻めていないところもありましたが・・・
阿部もスナイデルを良く抑えていましたけど、あの一瞬フリーにさせちゃいましたね。
でもそこで、決めるのが世界一のチームの司令塔なんですよね。

川島も1点決められましたけど、2点分は防いでるし、長友もエリアのスピードに負けてなかったし
トゥーリオもよく集中してました。
松井、大久保だって頑張っていましたけど・・・

後半は明らかにオランダがカウンターに徹するようになっていて、攻めさせていた状態で決められなかったのは日本の永遠の課題といえる『決定力不足』ですかね。

日本はいくら本田が得点能力が高いといっても所詮0トップ、FWなしなんですよね。
岡崎もおしいシュートを打ってましたけどあういうシーンはやっぱり本田では難しいと思います。
やはり本田はいくら頑張ってもOMFであってFWではない。
オランダに抑えられてて、機能してなかったところもありますが・・・。

怪我の具合がきになりますが、デンマーク戦は森本使ってもいいんじゃないですか??

それにしてもオーストラリア、韓国が第1シードの国に対して大敗してるなかで日本は検討した思います。
岡崎のシュートが決まってれば・・・、松井のトラップがちゃんとしてれば・・・
大久保があそこでパスしてれば・・・、川島が止めてれば・・・
なーんて、タラレバ言ったらきりがないけど、それにしても悔しい負けでした。

次は3時キックオフ。次の日は仕事になりませんね。
でも、決勝トーナメントを掛けてデンマークと試合。
ヨーロッパ勢とのガチンコ対決。楽しみです。

[PR]

by marblek | 2010-06-20 23:35 | Football
2010年 06月 17日

世界との差 韓国 VS アルゼンチン


自転車生活を始めた途端、体重が増加傾向のマーブルです。
プリンスも昨日から40℃近くの発熱がでてしまい心配でしょうがないです。元気なのが救いです。

スペインは今回一押しだったのに・・・
いつもの悪い癖というか、無敵艦隊がいつもやられる時のパターンがいきなりでてしまいました。
チリも見てておもろいサッカーしてるし、強いのでスペイン危うしです。

今、韓国VSアルゼンチンを見ています。
今日の韓国はデフェンシブな布陣4-2-3-1でアルゼンチンに挑みました。
世界とアジアの差を見るには絶好の試合です。
どこまで通用するのか・・・・。

すごいです。
これが世界との差なんですね。
体格だってそんなに大差ないのに、トラップがちょっとずれただけ、ちょっと持ちすぎた途端にボールを奪われます。
一方で自分たちは、ボールを無駄にとられないし、ちゃんとつないでフィニッシュに持ち込めるんです。

アルゼンチンはナイジェリア戦は戦術は『メッシ』っていうぐらいしか攻められなかったのに、
今日は前線のメッシ、テベス、イグアインで攻撃を形成してました。
この3人だけでゴールできるし、テベスなんてチェイシングもしっかりできてるしいうことなしです。
交代してきたアグエロもキレキレで、なんか、アルゼンチンは覚醒しそうです。
ひとつ心配事はサムエルの肉離れっぽい交代がどうなるか。

日本VSオランダ戦で同じようにならないように頑張ってもらうしかないです!!


[PR]

by marblek | 2010-06-17 22:29 | Football
2010年 06月 15日

運命のカメルーン戦

本田のゴールで大声出してプリンスを起こしてしまい怒られてしまったマーブルです。

今まで、岡田ジャパンの文句ばっかり言ってきましたが、本当に良くやったと思います。
全体的にボールが足元で落ち着かない状態で、チャンスらしいチャンスもほとんどない中頑張ってくれました。

チャンスも松井のクロスからの本田の得点と、後半のオフサイドでしたが長谷部のミドルぐらいですか。
セットプレーもCK、FK含めて少なかったですし。
攻撃は正直言うとほとんどさせてもらえなかったですね。
カメルーンの出来もソングがいないのもありますが、全体的に雑だったのも助かりました。

今までの練習試合では見られなかった集中力が切れなかったのは見事だと思います。
DF陣もセーフティにクリアーして良かったと思います。

勝ったことは今回のW杯の番狂わせの一つと言われるぐらいすごいことだと思いますが・・・・
日本のサッカーは、見ててまだまだつまらんです。
その前に、放送されていたオランダVSデンマーク戦のおもろしろいこと。
オランダは引き分けたら番狂わせって言われるぐらい強いけど、引き分けたらリーグ突破の可能性かなりあり。

土曜日頑張っていきましょう。



[PR]

by marblek | 2010-06-15 10:48 | Football
2010年 06月 12日

アジアの虎は強かった 韓国 VS ギリシャ

髪を切ったら、なんかモヒカンのようになってしまったマーブルです。

いよいよ始まった南アフリカW杯。
昨日から寝不足です。これが1ヶ月も続くかと思うとつらいけど極上の1ヶ月です。

さてさて、やってくれました。
アジアの虎、韓国はやっぱり強かった。
韓国は、パク・チソンが活躍してからどんどん若手が海外に出て代表全体がレベルアップしてます。
日本はこういうサッカーができる日は何時来るんでしょう。

ギリシャはヨーロッパの中堅国だけど、ヨーロッパ選手権も優勝しているチームだからすごいこと。
日本はこうはならんですな。

それにしても、ブブセラの音は天空の城ラピュタの乗り物の音にそっくりだと思う今日この頃。
これから、極上のアルゼンチン VS ナイジェリア観戦です。
マラドーナのスーツは似合わんですね~。

[PR]

by marblek | 2010-06-12 22:56 | Football
2010年 05月 31日

VS イングランド戦

久しぶりに日本代表戦を最後まで見れたマーブルです。
散々日本代表には期待できないと言ってきましたが、そんな代表でも国歌が流れるとドキドキです。

雨の降る中の試合。イングランドとは以前カズとかがいた頃以来ですかね。
イングランドの先発メンバーをみてほぼベストメンバー。
これは、どうなるかな~って恐る恐る見てました。

前半闘莉王の得点は良かったと思います。
セットプレーの彼は期待できるし、試合終わりのパワープレイとしても期待できそう。

前半の守備も良かったです。
イングランドもエンジンかかるの遅かったし、ランパードなんかがパスミスしてたけど、そこそこやれてたんじゃないでしょうか。
ただ、中澤はルーニーに完全に置き去りにされていました。
カメルーン戦は大丈夫でしょうか?

やっぱり攻撃がほとんどできていない。
前の韓国戦ほどではないけど、途中ポンポンッとワンタッチパスとかできていたけど岡崎が…
ファーディナントと比べるのもかわいそうだけど、岡崎ワントップはやはりきついと思います。
フィニッシュまでほとんどいけてなかったですもんね。

後半は少しずつ日本のスタミナが切れてきて、最終的にはオウンゴールで負けました。
でも、あと数センチ、あと0コンマ何秒っていうのが世界との差なんですね。

ひとつひとつのトラップ、パス、ドリブルなどの基本的な事は雨が降っててもイングランドはさすがでした。足元でピタッと止まってます。

けど、前よりは少し自信になると思います。
カペッロ監督は守備的戦術を批判していたけど、これはサッカー先進国に対しての戦い方としては間違っていないと思います。

ただ、前回のドイツW杯も直前のドイツ戦で2-2と引き分けて、次のマルタ戦で崩れたので
次回のコートジボワール戦も維持できればなと思います。

あ~来月は寝不足になりそうです。


[PR]

by marblek | 2010-05-31 23:10 | Football